Zh
Zh
Zh
Zh

SPEC1
魔法瓶のような高い断熱性

thermal insulation

家の中の温度差を少なくする確かな性能

断熱材

掲載データは下記条件でシミュレーションにより算出した値であり、保証値ではありません。住宅の使用、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。
算出条件 ●AE-Slim/Heatにより算出した2月24日20時の室温 実験住宅プランで試算(2階建て/延べ床面積:93.31㎡) ●家族構成;4人家族 ●暖冷房機器:エアコン ●暖房:23℃ ●冷暖房運転;間欠運転(LDKのみ) ●気象条件:拡張アメダス気象データ2000年版の東京を仕様 ●住宅断熱仕様:(一般住宅)昭和55年省エネルギー基準IV地域適合レベル、(SW工法住宅)天井・外壁:SW100mm、開口部:サーモスXPG、玄関:K1.5仕様、換気:エコエア90

断熱材の中でもトップクラスの性能と
安定感のある硬質ウレタンフォームを採用

断熱性能とコストパフォーマンスに優れた
アルミ樹脂複合
高性能ハイブリッド窓を採用

開口部の断熱性を高める高断熱サッシ&ガラス

住宅において熱の流出入が最も多い開口部についてはすぐれた断熱効果で外気温の影響を受けにくく、カビ・ダニの原因ともなる結露の発生を抑える、高断熱サッシの採用をしています。また、ガラスについては、住まいの地域やプランに合わせて、断熱性・機能性にすぐれた遮熱高断熱複層ガラスを採用しています。

換気システム


スーパーウォール工法は高い機密性により、計画的に換気を行えるので家の隅々までよどみなく換気を行うことができます。

室内の温度・湿度を保ちながら効率的な
換気が可能な全熱交換型換気システムを採用。

熱交換換気システムを使うことで、換気で失われる熱のロスを防ぎます。その省エネ効率は壁の断熱材を4倍厚くするのと同じ効果が得られます。

気密性能

工事の過程で生じる見えない隙間を
徹底的に塞ぎ、高い気密性能を実現

気密性が低いと断熱性能が発揮できないだけでなく、計画的な換気も行えません。空気循環の視点からも気密性はとても重要な要素です。

気密性の低い住宅

気密性が低い住宅では、窓や壁の隙間から外気が侵入し、空気の流れにムラができ、住まい全体の空気を隅々まで入れ替えることは難しい。

SW工法住宅

スーパーウォール工法住宅では高い気密性能により計画的な換気が行え、カビやダニの発生を抑えます。

pagetop

SPEC2
強靭なモノコック構造+制震

vibration control

6面体の一体化構造である強靱なモノコック構造

スーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。住宅においては、地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

一般的な在来工法
(筋交い補強)

スーパーウォール工法
(モノコック構造)

制震仕様パネルを採用

地震による建物への負担を軽減し、繰り返しの揺れにも強い精神パネルを採用。

防災科学技術研究所での実物大振動実験結果より

制振テープは、高層ビル用の制振装置に使用されているブチルゴム系素材を住宅用に加工した粘弾性体のテープです。
制振テープは、防災科学技術研究所、東京大学、清水建設の共同研究により開発された、アイディールブレーン(株)の製品です。

耐震等級3+制震解析

お打合せしたプランが耐震等級3を満たしている場合、公的な証明書を取得します。
また、LIXILスーパーストロング構造体バリューに付随する耐震補償を受けることができます。

スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」
その答えは、「耐震等級3」相当の設計に有ります。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1】としています。

建築基準法の1.5倍 「耐震等級 3」相当※1の耐震設計

スーパーストロング構造大バリューは、
全棟で「耐震等級3」※1相当を実現しています。

※1 「耐震等級 3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。

さらに、万が一の震災時も安心な耐震保証

万が一、地震の揺れで家が全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担いたします。

耐震補償の期間

耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

※ スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件のもとに、建替え費用の一部を負担します(現金での補償はいたしません)。
補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。

一棟一棟制震性能を検討し「振動解析報告書」を発行します。

pagetop

SPEC3
断熱材35年無結露保証

condensation

壁の中で躯体を痛めてしまう断熱材の結露。
硬質ウレタンフォームと壁内通気工法の採用で、35年間断熱材の無結露保証を実現。

pagetop

SPEC4
住宅の性能を表す数値

abilit & nuneric value

UA値とは・・・建物の断熱性能を表す数値のこと

室内から室外にどのくらい熱が移動するかを示す指標を「熱貫流率」といい、それを、天井・壁・床・窓等の外皮の合計面積で割った値を「外皮平均熱貫流率(UA値)」といいます。数値が小さいほど断熱性能が高い住宅となります。

C値とは・・・建物の気密性能を表す数値のこと

家の気密性(隙間の量)を示す指標で、家全体にある隙間面積を延床面積で割った値を「相当隙間面積(C値)」といいます。数値が小さいほど気密性が高い住宅となります。

省エネ法による地域別基準値

UA値は省エネ法により地域ごとに基準値が定められています。下表の省エネルギー基準とは2020年に義務化される数値で、ZEH適合基準とは政府が2030年までに新築住宅の平均で実現を目指す数値です。神奈川県は一部寒冷地域を除き、地域区分「6」の地域です。

pagetop

SPEC5
気密性能へのこだわり

airtight performance

高性能な断熱材や窓を使用してUA値を高めたとしても、家の隙間が多いと十分な効果を発揮できません。快適な家づくりのためには家の気密性を高めることが重要です。

また、UA値は使用する材料や家の面積などで計算によって求められますが、C値は実際の建物で専用の測定機を使い計測します。そのため、工事の施工品質が非常に重要となります。

Zhは全棟で気密測定を実施、C値が1.0以下であることを確認し性能報告書を発行します。

pagetop


ABOUT ZEH

what's zeh?

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、断熱性を高めた住宅に省エネ設備機器を組み合わせて住宅におけるエネルギーの消費を抑え、太陽光等の創エネ設備によって、エネルギー収支「0」にする住宅のことです。

省エネ化、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化が進む時代の流れ

エネルギーや地球温暖化が深刻化する中で、日本の住宅の断熱基準が見直され、省エネ住宅、ゼロエネルギー住宅の普及を目指し、高断熱化が進められています。

  • 2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネルギー基準の適合を義務化する。
  • より高い省エネルギー性能を有する低炭素認定建築物の普及促進を図る。
  • 2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均値でZEHの実現を目指す。

※ハウスメーカー、工務店等が施工する新築戸建て住宅の過半数がZEHとなること。

株式会社 大 雄 は2020年度ZEH建築50%を目標にしています。

快適な住まいは国策でも
推奨されています。

pagetop

平塚市でZEH(ゼッチ)ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの注文住宅の建築をお考えなら
実績豊富な平塚の大雄にお任せください

メールでのお問い合わせはコチラ

tel:0463-33-800